四季に移ろう円山の風情。

今より三百八十年もの昔、織田頼長が住みし以来、数々の文人墨客が好みし館をそのままに残し、贅をつくしたと云うよりは「みやびを極めた」の言葉がふさわしい京料理をご用意致します